テレビ番組取材

2021.2.2

米沢品質向上運動に取り組んでいるTNY(Team Next Yonezawa)にスポットを当てた、テレビ番組の取材を受けました。

 

新型コロナウイルスの影響で2020年は米沢品質AWARDの開催も中止となり、運動が停滞気味となっていました。

そんな状況下において、運動の活性化も期待し、TNYとAWARD2019受賞企業の未来へ向けた想いや戦略について発信する番組となるようです。

 

弊社では、今年度完成した夢まどハウスをはじめ、開発中の製品情報や開発に至る経緯など、様々お話させていただきました。

未だ猛威を振るうウイルスに不安な日々が続きますが、前向きに挑戦を続けている姿勢をお見せできていれば幸いと思います。

放送は3月下旬の予定です。

新年

2021.1.6

新年あけましておめでとうございます。

 

昨今の事情もあり、静かに過ごす年末年始となりました。

仕事の方は変わりなく、日々たくさんのオーダーをいただいております。

感謝の気持ちを忘れず、より良い製品をご提供できるよう、一層精進してまいります。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

今シーズンは12月から断続的に積雪があり、工場の周りはすっかり雪に覆われました。

 

朝の気温は氷点下の日が続き、厳しい寒さとなっています。

休憩室から外を眺めると一面銀世界です。

木製サッシはこの環境の中でも結露することなく、美しい風景を切り取っています。

結露しないことが当たり前のように感じてきていましたが、改めてその快適さに気付かされます。

年末の大掃除の際には、安心して窓辺にものを積む癖がつかないように気を付けようと思いました。

 

 

工場では引き続き、続々と製造を進めています。

世間は依然難しい状況にありますが、納期に影響が出ないよう、これからも努めてまいります。

試作品

2020.11.18

弊社の看板とも言える「エコスライド」

リビングの大開口サッシとして、特に南面の日射取得を目的とした用途に効果的。

特有の引き寄せ機構も相まって、気密・断熱性能に非常に優れた木製サッシです。

しかし、この窓の性能を発揮するためには、精度の高い施工が求められ、後の調整が難しいという木製サッシ全般に言える課題がありました。

長所である気密性能をさらに伸ばしつつ、取扱いの課題を解消するための開発を進めています。

 

 

今月はじめに組み上げた試作品は、工場の開口部へ実際に取付けて性能や使用感を検証。

元々取り付いていたヘーベシーベを取り外し、新しいエコスライドの試作を取り付けていきます。

 

 

今回は設計の若手も手伝いました。図面からは読み取れない情報や施工性に対する配慮など、実物の取り付けを通して知識を深めていきました。

 

 

取付けできました。

見た目にはこれまでの製品とさほど変わりありませんが、木部形状からガスケット位置、金物など様々な見直しが行われています。

 

 

日が暮れる前に、急いでガラス入れ。

 

周囲のシーリングは翌朝となりました。

 

作業完了です。

動作確認や散水試験などを通し、不具合が発生しないか検証、確認を行っています。

かなり感触は良いようです。なるべく早くリリースしたい気持ちもありますが、ここからしっかりと万全の状態に仕上げていきます。

 

夢まどハウス見学会

2020.9.10

全ての開口部に自社の木製サッシ「夢まど」を使ったモデルハウスが完成です。

普段は納品現場に足を運ぶことがない従業員も引き連れ、全員で見学会を行いました。

 

 

設計:アーキテクチュアランドスケープ 一級建築士事務所 さま

施工:太田建設 さま

ご尽力いただきました関係者の皆様、ありがとうございました!

 

 

サッシの取り付けの際にも勉強を兼ねて足を運びましたが、仕上がった状態になるとまた違った観点が生じます。

職人たちは周囲の要素を絡めながら、製品づくりのアイディアを次々に議論しているようでした。

 

 

気になる性能ですが、高気密高断熱のQ1.0住宅のうち、最高のLevel-4を実現しています!

詳細はアーキテクチュアランドスケープさまのHPブログでご紹介いただいていますので、ぜひご覧ください。

 

伸びしろのある若手が多く在籍しています。今回のような体験から得る学びを大切にし、これからの製品をより良いものへと進化させていきます。